Skip to content
2015年11月15日 / ouch!

キツネ

 
かなーり昔、大学生の頃に一度トライしている題材。当時は実力もないのに15度でやって折りゴミ状態(やらないと力がつかないのでムダとは思わないが)。結局22.5度に収まった。そしてそのベースはやはり昔に挑戦した日本犬。まぁイヌ科だし。

構造はいわゆるヒダ脊椎だと思うのだが、胸のボリュームを出すべくかなり太いヒダを入れている。もはやヒダ胴体である。脊椎っていうレベルじゃねえぞ。尻のあたりは手抜きで厚みがすごい。直角二等辺三角形分子やナイフ分子を主体としつつも、微妙に崩したり頂点毎に折り線の出方を吟味して都合をつけてあるあたりはモミジでもやった方法である。と、展開図を出さないで語るのだった。

長年の執念が籠っているのか、Flickrではやたら評判が良くて、誘われるままに折り紙以外のグループに投稿したらまさかの100fav超えを果たした。奇跡。

なお、少なくとも日本には足先が白いキツネはいない模様。白ではなく黒になる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。