Skip to content
2016年9月6日 / ouch!

整数比三角形を埋め込む利点

整数比三角形を用いた創作のHow to をまとめたものってあんまりない気がしたので、私がやってみて感じたことを書いてみる。ショウベタとか鳳凰とか、地味に組み込んであるんだよ。つい最近Twitterで競作する謎の流れになった初音ミクさんを自分も創ってて、やっぱりそれにも組み込んである。
が、使うことをおすすめしているわけではない。個人的には、おいしいところが有ったから使っているだけ。何事も適材適所でおいしい部分だけ使うのが常道だよ。

やたらと「蛇腹やるなら3:4:5を使わないとダメ」的な強迫観念を持つ人が最近増えていると思う。
盗んだバイクで走り出す15の夜みたいな、グリッドというありきたりなレールの上からはみ出ることへの憧れ?
それとも、そういうじゃじゃ馬な3:4:5を操る俺カッコいいみたいな、中2病的なアレ?

1:2, 1:3など、違う長さの2組のカドを紙の一辺の上に配置できる。

45度の線だけだと短いほうが内部に埋め込まれてしまい、カドの上にヒダがかぶさってぼってり長方形なカドになるよね。そのせいで、自身が想定する造形にできない場合もあるわけで。反対側に一つカドが生まれるが、まぁそれは大体何とかなる。

角度系に慣れている人にとっては、「根元が同じな、長いカドと短いカドの組」が辺の上に置けないのはすっごくもやもやするのでそれだけでもかなり違う。

三角形分子を利用しつつも蛇腹と容易に接続できる。

簡単なのだとこんな感じ。3:4:5の三角形の一値分子のカドの長さは1:2:3なのはご覧の通りで、1の部分が45度線になるのでそこから色々崩してつなげられる。
3_4_5系接合メモ

三角形の中に蛇腹が入り込むのを使うとなかなか神谷チックな気がする。

分子の種類が多彩でありながら利用しやすい。

分子の例としては下の図にあるものが考えられる。引き伸ばし半ツルの要領でやると3:2:3とか4:1:4みたいな比が出せる。こんな3つ組の比を45度縛りの蛇腹で出そうとするととてもつらいはず。
もちろん半ツル、ツルといった複合型を適応させたものも使える。ナイフ形とか。分子縛りなら角度系の感覚をほぼそのまま持ち込める。

3_4_5系分子メモ

3:4:5の内側につく線はx軸y軸の長さの比が1:2だったり1:3だったりして(ベクトル表記なら(t,2t)とか(t,3t)とか)、それらを使ってもっと原始的なレベルで頂点毎にごにょごにょしたりすると今井風。欲しい面の形状を直接取り出せてすごいんだけど、あれはよくわからないというか、大変すぎるので個人的にはやる気がしない。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。